涙袋の作り方

2020年3月12日

涙袋がない人は涙袋がある人に比べて大人びた印象になると言われています。逆の言い方をすると涙袋がある人は実年齢よりも若く見られがちということになります。

だから可愛らしく見られる涙袋を欲しがる女性も多いのです。

この記事では涙袋の作り方を色々と紹介しています。

あなたに合う方法がきっと見つかるはずです。

涙袋の作り方

涙袋の作り方には大きく分けて2つあります。涙袋がない人でも涙袋があるように見せる方法と、目の周りの筋肉を鍛えて本物の涙袋を作る方法があります。

それから、涙袋を作る新しい方法として最近になって発売された涙袋専用クリームについても紹介しています。

涙袋があるように見せる方法

これらの方法は簡単にできますが、見せかけですので本物の涙袋が作れるわけではありません。

涙袋をメイクで作る

涙袋があるように見えるようにメイクで涙袋を描く方法です。「涙袋 メイク」で検索してみると動画や記事がいっぱい出てきます。

メリットは「簡単に作れる」ことだけど「メイクが落ちるとバレる」のがデメリットになります。

うっかり涙がでてしまったりすると流れ落ちてしまいますので、ウォータープルーフ(耐水性のあるもの)のものを使いましょう。

涙袋がうまく描けない人は、代わりにアイシャドウで目の下を可愛く華やかに見せてるのも良いと思います。

でもこの方法は結局は見せかけのものですので、彼からすっぴんが見たいって言われたりすると困ってしまうかもしれません。

涙袋テープ

テープで持ち上げて涙袋を作る方法です。コツさえつかめば簡単にできるようになります。専用のテープが売っていますが、セロハンテープや絆創膏などを使う方法もあります。

この方法のメリットは「貼るだけで簡単に涙袋ができる」ことですが、「テープがはがれるとバレてしまう」のがデメリットとなります。

うまく自然な感じにできればいいのでですが、慣れないうちは不自然な感じになってかえって可愛くなくなったりすることもあるみたいです。

筋肉を鍛えて涙袋を作る方法

目の周囲にある眼輪筋を鍛えることで、本物の涙袋を作る方法です。

中には簡単に涙袋が出来てしまう人もいますが、なかなか効果が出なかったり、まったく効果がでなくて諦めてしまう人もいらっしゃいます。

マッサージで涙袋を作る

目の周囲にある眼輪筋をマッサージして血流を良くすることで涙袋を作る方法。

強く刺激して強引に涙袋を作ろうとするのではなくて、やさしく刺激する感じでマッサージするのがコツなのだそうです。

 

この方法のメリットは「本物の涙袋ができる」ことですが、「効果が出るまで時間がかかってしまう」のがデメリットとなります。

本当に涙袋が出来たら嬉しいのですが、残念ながらいくらやっても効果が出ない人もいらっしゃるようです。

目のストレッチで涙袋を作る

マッサージと似ていますが、目の周りの筋肉を積極的に動かして鍛えることで涙袋を作る方法です。

メリットとデメリットはさきほどのマッサージと同じです。

これもいくらやっても効果が出ない人もいるとのことです。

涙袋を作る体操

さきほどのマッサージやストレッチと似ている方法です。

「涙袋 体操」で動画を検索すると出てきますが、左右の目で交互にウインクしたりします。

メリット、デメリット、効果に個人差があるのもマッサージ、ストレッチと同様です。

涙袋専用のクリームとマッサージ用のチップ

「本物の涙袋を作る」という涙袋専用のクリームとチップがセットになった「ウルミプラス」という商品です。

寝る前にクリームを塗って専用のチップで10秒ほどマッサージすることで、涙袋を作ってくれます。

 

メリットは「本物の涙袋ができる」ことで、デメリットは「費用がかかる」ということです。

公式ページのレビューには、マッサージや体操などをいくらやっても効果がなかった人が、ふっくらとした涙袋が出来て喜んでいる声もありました。

涙袋ぷっくり美容液【urumi plus(ウルミプラス)】

涙袋

Posted by namikky