涙袋がない人の特徴と原因

この記事では涙袋がない人の原因と特徴について書いています。記事の後半では、涙袋がない人はある人と比べてどう見られることが多いかなどについても触れています。

涙袋がない原因は?

世の中には涙袋がない人とある人がいますが、その違いは何なのでしょうか?

涙袋がない原因としてよくあげられるのは、眼輪筋と言われる目の周囲にある筋肉が発達していないということです。

 

眼輪筋は涙袋の位置だけでなく目の周りにあり、意識して動かすことが可能です。積極的に動かすことで眼輪筋を鍛えることもできます。

※関連→筋肉を鍛えて涙袋を作る方法(涙袋がない人の作り方)

 

それなら眼輪筋を鍛えれば涙袋が出来るということになりますが、眼輪筋がしっかりと鍛えられていても涙袋がない人もいます。

 

これは目の下の皮膚が厚く、涙袋の膨らみが出来にくくなっていることが原因です。この場合は涙袋があるにはあるのですが、膨らみの端にできるはずのシワが、皮膚が厚いことで見えなくなってしまっているんです。

また、目の周りのたるみが原因で涙袋が見えにくくなっているような人もいらっしゃいます。眼輪筋はたるみを無くすためにも、なるべく鍛えておくにこしたことはないでしょう。

涙袋がない人の特徴

涙袋がある人のことを羨ましがる女性も多いのですが、涙袋がないからダメとか可愛くないということではありません。

涙袋がない人の特徴として、目元がスッキリ見えるというのがあり、これは美人と言われる方に多く見られる特徴でもあります。

 

また、涙袋がない人は男性でも女性でもクールな印象の方が多いです。やや淡白な感じもするので素朴で誠実な雰囲気をかもしだすような方もいらっしゃいます。

涙袋がないからと言って必ずしも魅力がないわけではないのです。

 

ただ、これは人によって異なるのですが、涙袋がある場合とない場合の顔を比較してみると、涙袋がない人のほうが大人びた印象になることがあります。

これは芸能人の画像を加工して並べてある画像が、ネット上に多く出回っているので見たことがある人も多いのではないでしょうか?

かなり衝撃的なので、これを見てしまうと涙袋が欲しくなります(^_^;)

涙袋があるとないではこんなに違う 芸能人を比較した画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました